新幹線の速度を測定してみた2015/02/01 11時01分

 今の時代ならこんな風にスマホではかるんでしょうが,今回はPCの地図ソフトであるプロアトラスのGPS機能を使って測定してみました。

プロアトラスSV4
 過去に,車では何度も測定しており,一度新幹線でも測定して見たいと思っていました。新幹線は車に比べると速いので,GPSレシーバUSBGPS2/SMD9がGPSの電波を捕捉するかが気がかりでした。

が,特に問題なし。東海道新幹線の最高速度である270Km/hが表示されています。

新幹線が270Km/hで走行

 上の写真のPCは,PC-MV1-C1W。CPUはPentium III 1GHz, 768MB, Wincows XP。2002年頃購入しました。新幹線での測定を無事終えたので,Windows XPもプロアトラスもやっと削除できます。OSをLinuxに入れ替えて復活させますか...

PS. 4日ぐらい前かな。54万PV突破!!

国道1号と国道23号、愛知/静岡の県境で接続。早速走ってみた。2013/08/08 18時10分

国道1号と国道23号が接続
 2013/6/23、国道1号と国道23号が、愛知県と静岡県の県境で接続しました。休暇を利用して試走してきました。

 国道1号浜名バイパスを名古屋方面に向かい、道の駅「潮見坂」、潮見トンネルを通過。分岐はこの後です。国土交通省のニュースリリースの情報だけを頼りに、23号を目指しました。

 そして、潮見トンネルを抜けた後、直ぐに23号への分岐を見つけました...というよりは、まっすぐ道なりに進むと23号で、国道1号(豊橋市街地方面)へ進む場合は左に進路を変える、という構造になっていました。

 ということで、道なりに進んで難なく国道1号から国道23号への乗り換え完了です。

 最新のデータにアップデートすれば道が描かれているはずですが、実際走行した軌跡だけUPしてみました。(MapFan.netでは地図が更新されていました)

スパコン「京」、空冷でなく水冷だったのか...2012/07/27 11時04分

(日本経済新聞の記事 http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2000L_Q2A720C1000000/?n_cid=DSTPCS003 より)

 「いまさら、何言ってんの?」と言われるかもしれませんが、私は知りませんでした。「水冷復活」なんだ...

 大昔は、スパコン含めた大型計算機の性能を向上させるためには、水で部品(LSIなど)を冷却するというのが一般的だったと思います。ただし、水冷式の計算機は、水冷装置を持ったユーザーでなければ買えません。主に、研究機関や銀行など、予算があって、立派な計算機室を持ったユーザです。

 ところが、それでは客層が広がりません。

 そこで、1990年代ごろからは、CMOS LSIの採用などで発熱を抑え、空冷式にすることで、普通の計算機室があれば(なくても)、大型の計算機(1990年代になると、性能に対して計算機が小型化していたということもありますが)を導入できるようになりました。

 それがまた変わってしまったんですね...

 FINをつけて空冷にするより、水冷にするほうが計算機の設置面積が小さくなるとのこと。さらに、冷却能力が高まるし、安定するしで、部品の故障も少なくなるそうです。

 でも、今は「インターネット」「クラウド」がある時代。ユーザが直接計算機を購入しなくても、インターネットで(大型の)計算機につながってさえすればいいということですね。水冷にしたから、客層が広がらないということもないわけか...

 当然、「水漏れ」で計算機が壊れる、なんて事は許されないはずで、水を流す管やその接続技術は相当高いはずです。この技術、東電に供与してあげられませんかねぇ。東電がしょっちゅう水漏れすると、地球環境が壊れていくので。

風力発水素? 電気でなく水素で蓄えるメリットが不明2011/11/12 03時15分

リンク: 日立が南極昭和基地の水素発電システムを受注、風力発電を水素で備蓄 - 速報:@niftyニュース.

リンク: 日立、電力を水素に変換して備蓄できる風力発電機利用水素発電システムを受注 - 速報:@niftyニュース.

風力から電気を得てそれを蓄える、でもいいと思うけど、わざわざ水素を蓄える理由がいまひとつすっきり理解できません。備蓄・輸送面の他、きっと効率などでメリットがあるんでしょう。

日立のニュースリリースでも同じようなことしか書いていないので、ここを引用した記事だと思います。元記事がこうだから仕方ないのかもしれません。

なぜ水素で蓄えるといいのかは、Web調べれば他の人が書いていたりするのかな?

a-nation 10th Anniversary, アリーナ vs スタンド2011/08/30 00時20分

 この日入手したa-nation 10th Anniversary(東京公演、味の素スタジアム、8/28)、行ってきました。公演内容は他のサイトに色々とあるので、ここでは、今回初めて入ったアリーナの諸々を書きます。

 まず、アリーナは「水以外持ち込み禁止」なのですが、未開封でも、水以外は持ち込みは禁止で、水以外の物を飲む/飲まないの問題ではないのでした。係員に「未開封のスポーツドリンクはどうすればいい?」と訊ねたところ、「今飲み切るか、捨てるかどちらかお願いします」と。全部捨てるのはもったいないので、出来るだけ飲みました。700mlぐらいまで飲みましたが、後は排水溝に捨てました。

 ビールを飲む場合は、比較的遠くまで買いに行って、歩いて戻りながら飲んで、アリーナに入るまでに飲み切る、という感じでした。歩道のようなところに座って飲んでいる人も。持ち込めないので、これも止むを得ません。

 以上は、スタンドではありえないことです。

 また、最寄のトイレは仮設でした。他のトイレ(おそらく、施設内)は遠くて行ってられません。最寄の仮設は、男子トイレが結構少なくて、男子トイレは列が切れることはなかったような気がします。

 座席は、中央よりはやや後ろでしたが、ここより後ろなら、スタンドの前列のほうがいいかな、という気がしました。

 音響は、スタンドよりアリーナの方がよかったかも。あと、座席の間隔も、スタンドよりアリーナの方が広めな感じです。荷物の量によりますが、いちいち座席から通路への出入りの度に、荷物をどかせてもらう、などの必要が無い場合も多々ありました。

 来年行くとしたら、スタンドでいいかなぁ。スタンドでも、前(前列で、ステージに近め)がいいかも。

PS. シークレットゲスト(アーティスト)の検索で、この記事にヒットした方、すいません。この記事はa-nation '10(2010年)の話です。今年(2011年)は"a-nation 10th Anniversary"なので、"a-nation 10"のような検索キーだと引っかかってしまうのかな...
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ