Windows 7をスリープにしても,数分で勝手に復帰してしまう2015/09/20 11時14分

 PCがスリープから復帰しなくなったという問題に遭遇したことがありましたが,今度は,PCがスリープにしても勝手に復帰してしまう,しかも数分以内に,という問題に遭遇しました。

 まずはイベントビューアの「Windowsログ」-「システム」の中を確認。すると,以下のようなログが。
  • (ソースの文字列): Power-Troubleshooter
  • スリープ解除の原因: タイマー - svchost.exe

どうやらサービスから起動されているプログラムのどれからしい,と言うことは類推できましたが,これだけでは原因となるプログラムが特定できません。

調べてみたところ,Windowsのpowercfgコマンドで特定できそう,ということがわかり,早速ためしてみました。結果は,
C:\Windows\system32>powercfg -lastwake
Wake History Count - 1
Wake History [0]
  Wake Source Count - 1
  Wake Source [0]
    Type: Wake Timer
    Owner: [SERVICE] \Device\HarddiskVolume2\Windows\System32\svchost.exe (wuauserv)
"wuauserv",つまり,Windows更新プログラムが原因のようです。

あらためてシステムのログを確認すると,"Power-Troubleshooter"の3つ上に,次のようなログが出ていました。
  • (ソースの文字列): WindowsUpdateClient
  • インストールの準備完了: 次の更新プログラムのダウンロードが完了し、インストールの準備ができました。現在、これらの更新プログラムを 2015年9月3日に9:17にインストールする予定になっています: - Windows 7 for x64-based Systems 用 Internet Explorer 10 のセキュリティ更新プログラム (KB3087985)

しかも,前者とは違い,こちらは10分おきにでていました。だから,スリープにしても,10分以内にこのイベントが発生し,スリープから数分で勝手に復帰してしまった,と考えられます。

私のPCは,Windows Updateで,「更新プログラムをダウンロードするが,インストールを行うかどうかは選択する」の設定にしています。そのため,10件以上の更新プログラムが,ダウンロードされているが適用されていない,という状態でした。以前は,この設定でもPCがスリープから勝手に復帰することは無かったはずですが...。

本来なら,ここで,勝手にスリープから復帰しない設定/方法を考えるところですが,今回はたまっていた更新プログラムをすべて適用することで,余計なイベントを発生させないようにしました。その結果,勝手にスリープから復帰することはなくなりました。

当分は,意図しないスリーブからの復帰があれば,Windows Updateを直ぐに適用する,で回避することにします。でも,夜中に長時間起動しっぱなしというのも電気代がもったいないので,勝手に起動しない設定や方法は探したほうがいいんだろうな...


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ