全部事項証明書をとりに法務局に行ってみた2014/06/19 23時30分

 住宅財形貯蓄を解約するために,家の「全部事項証明書」が必要となり,管轄の法務局に行きました。

 到着して正面玄関から入ると,ロビーの警備員に行き先を告げて入館証を受け取ります。半年以上前に発行された全部事項証明書のコピーがあったので,それを見せると「7階ですね」と言われたので,素直に7階へ。

 目的の書類発行してくれそうな,それっぽい部屋に入ってコピーを見せると「それなら6階ですが...」と。警備員さんだから慣れてるのかなと思ったけど,書類の詳細までは分かってなかった模様。

 仕方なく6階に行って,またそれらしい部屋に行くと,今度は申し込み用紙がありました。記入し始めたのですが,どうしても全部書ききれません。よく見ると,「法人用」の文字が。その部屋は,法人向けの書類を発行する部屋だったようです。

 また,先ほどのコピーをみせて場所を尋ねると,エレベータホールを挟んで反対の廊下に面した部屋とのこと。仕方ないのでまた移動です。

 今度は,やっと目的の書類を発行してくれる部屋にたどり着きました。しかも,端末から必要事項を選択・入力する機械が置いてあり,思いのほか簡単に申請できました。

 反対側の廊下に戻って収入印紙を購入し,申請する機械が置いてあった部屋に戻ると,ものの1分も経たない間に名前を呼ばれました。目的の部屋にたどり着くのに10分以上はかかっているのにくらべ,書類発行の早いこと!! 内容確認して,収入印紙を渡された用紙に貼り付けたら全部事項証明書を交付してもらえました。

 実印も認印も不要で,手続きは実に簡単でした。これでやっと財形住宅貯蓄が解約できそうです。

 財形住宅貯蓄は,家の購入・増改築の目的に貯蓄を使うと,利息に税金がかからないメリットがあります。しかし,利率の低い昨今,今日の経費である印紙代や交通費約1000円と,20%の税金とどちらが多かったんだろうと考えると,本当に全部事項証明書を取りに行く必要があったかなぁ,と疑問がわいてきました。

まぁ,法務局に行くという社会勉強になったということで良しとしますか...

PS. おっと,51万PV

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
このブログのタイトル?○ooo's blog

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kokb.asablo.jp/blog/2014/06/19/7348648/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ にほんブログ村 旅行ブログへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ